スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
グッバイ、シャロン
- 2010/03/17(Wed) -
こんにちは。djTAKAバンド「Steinfluß」のKey担当、古と申します。
早いものでライブも来週の土曜日にまで迫りました!恐ろしい!
本当に早くてこっちがびっくりしました。あとXGに色々びっくりしました。


さて、過去の音ゲーライブから見てもかなり異色なこのバンド。
それ故に新たな試みとしての楽しさと同時に様々な問題もありました。

まずお察しの通り、このバンドは通常ならば生演奏が難しい打ち込み系の楽曲を多く演奏します。
当然の如くキーボードを弾いていると手の形が何か大変な事になったり、HUMAN SEQUENCERにでもならないと
物理的に弾く事が難しいフレーズもちょくちょく出てきます。ちょくちょくというかいっぱいです。
そんな難題もKey3人という事を活かして壮絶なパートの押し付け合いをして振り分けたりしました。

あと何が大変だったかと言いますと氏の作った曲がとにかく多過ぎるという点です。
「Mr.IIDX」と呼ばれながらもポップン、ギタドラ、DDR、5鍵にキーマニと数々の記念碑的な名曲を
多く残しているdjTAKA氏。演奏する曲を絞る時点であーでもないこーでもないと話し合いが続きました。
候補に挙がっては消えていった曲は数知れず…。そんな中で絞りに絞ったセットリストとなりました。
メドレー形式ながら全バンド最多の演奏曲数です。全部分かった人は凄い。お楽しみに!



そしてブログを読んでみると順番的にこれはメンバー紹介をするべき流れなのでしたいと思います。
何故か私は音ゲーライブのブログでメンバー紹介の記事を書く事が非常に多いなぁと思いました。
ぼくにはとてもできない。


 ■芽美 (Vocal)
  音ゲーバンド界が誇る至高のDIVA、芽美さん。おちゃめさんです。
  演奏予定曲にもある「Foundation of our love」をスタジオに入って
  練習していた時は演奏しつつもその歌声に鳥肌が立ちました。
  人の声が持つ力は凄いと改めて実感しました。トランス系をはじめ、
  可愛らしいあの曲、切ないあの曲まで!お聴き逃しなく…。

 ■ぴこ (Violin)
  普段は「ALЁT」という音ゲーバンドでドラムを叩いてる彼ですが、
  このライブでは楽器をヴァイオリンに持ち替えてステージに立ちます。
  演奏予定曲の「V」はまさに彼の見せ場です。お楽しみに。
  ちなみに彼は音ゲーの方も他の追随を許さない凄まじい腕前の持ち主です。
  あと「じゃがりこ」が大好きって書いてありました。

 ■うもさん (Key.1&DJ)
  このバンドの仕掛け人です。ショルキーを抱えて颯爽と登場。
  また、流れるバックトラックも全て彼が制作したものです。
  生演奏が難しい打ち込み系の曲を演奏するこのバンド。
  多くの人にこうした曲の良さもライブを通して伝えたいという
  彼の熱のこもった演奏にご期待下さい。

 ■ゆうと (Key.2)
  dj TAKAこと、石川貴之バンドにふさわしいガチで石川県在住の彼です。
  mixiセッション会などの関東でのイベントにも愛車を走らせ遠征する強者。
  エレクトーンを思わせる二段式のキーボードで多彩な音を紡ぎ出します。
  人間が弾くにはちょっと物理的に難しいあの曲のなんか凄い部分とかも
  二段式の利点をフルに活かして弾いています。あとシシワカが大好きです。

 ■古 (Key.3)
  チーバくんがそれとなく好きな僕です。
  主にピアノっぽい事をしていますがそうじゃない時もあります。


大体こんな感じの人達でお届け致します。
それでは!
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
怒れる獅子は何度でも蘇る
- 2010/03/05(Fri) -
遺影ー!ワッツアップオール。全国60億のdjTAKAファンの皆様お待たせしました。
死んだじっちゃんです、はいこんばんは。
死んでるので特に言える事はないのですがつまりDJなんですよ。
デスコではなくライヴハウスでのライヴになりますが、
よっつ打ち命の方にも充分楽しんで頂けると思ってます。
なんてったってヴァイオリン付きですのでね。
IIDX公式主催のライヴは過去に何度かありましたが、生のヴァイオリンによる「V」はありませんでした。
この最高にレアなステージ、djTAKAファンなら見逃す手はないというものですね。
また、鍵盤・ヴォーカルも音ゲーバンド界きっての優秀なプレイヤーが揃いまして、
難曲ばかりなのですがなんとか形になりました。自信を持ってオススメいたします。
早いもので開催まであと3週間。楽しみですね。四谷でお待ちしております。
もうちょっと面白い事書くべきでしたか。
そういえばこないだアバター観てきたんですよアバター。
すっごい3Dでした。すごかったです。我々のステージもデジタル具合がだいたいあんな感じです。
それでは!

──────.59から、死んだじっちゃんより
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Anthem is here.
- 2010/02/22(Mon) -
ブログをご覧の皆様、どうもはじめまして。
「Steinfluß」でヴァイオリンを担当させていただいております、picoと申します。以後お見知りおきを。
我々「Steinfluß」は、IIDXをはじめとする音ゲー界の重鎮、djTAKA氏の楽曲を演奏させていただきます。



・・・と、堅苦しい挨拶(のようなもの)はここらへんにさせていただいて・・・
今日はうちのバンドの紹介やら裏話やらを綴りにきましたw


さて、このバンド、紹介ページを見ていただければ分かると思いますが、編成が
Vo,Violin,E.P.,Key,Key(+DJ)
といったトリッキーな編成になっております。ギターはおろかベースやドラムまで居ません。どういうことでしょうか。
お分かりになる方もいると思います。
そう!打ち込みです。

( ゚д゚ )彡 そう!                    こっち見んな>

まぁ簡単に言えば、よっつ打ち主体のリズムトラックを流しながら我々が演奏するということになります。
バンドと言えるのかどうかという問題は別にして、新感覚の演奏を楽しんでいただけるのではないかと思います!

また曲目は、ハッピーチューンからトランス、クラシックアレンジに至るまで、幅広く、たっぷりと楽しんでいただけるようなセットリストにいたしました。
ギタドラーの方々には申し訳ないんですが、今回はIIDXやpop'nの曲を中心にセレクトさせていただきました。
colors名義もやりたかったんですけどねぇ・・・R#1で高速オルタまみれになったりしたかったですww
ところであれの赤G、赤Oはレベル95くらいあると思いませんか?ぶっちゃけ黄色も80台後半くらいあってm(以下略


こっから裏話。

「Steinfluß」の読み方ですが、「シュタインフルス」と読みます。
最初僕は「ステインフルベータ」と読みました。なんとなくカビが生えそうな雰囲気の名前になってしまい非常に反省しています。
ちなみに「ß」は「ベータ」ではなく、12年前までドイツ語旧正書法で使われていた記号で、現在の正書法では表記が「Steinfluss」となります。って死んだじっちゃんが言ってた。
意味は
stein=石
fluss=川
となります。ね?簡単でしょ?(キリッ

そういえばKeyboard担当のゆうとさんは石川県在住です。これテストに出ます。



あ、あと、ニコニコ動画に楽宴祭参ッ!の宣伝動画として製作したものがありますので、ここに貼り付けておきますね。
この動画で流れている曲は我々が演奏させていただく「Risk Junkメドレー」です!




それでは皆さん、本番では至高のdjTAKAサウンドをお届け(する予定だということに)します!お楽しみに~。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
はじめまして m/f です。
- 2010/02/10(Wed) -
楽宴祭ブログを読んで下さっている皆様、はじめまして。
m/f(メゾフォルテ)でヴォーカルをつとめております、ぽっきぃと申します。どうぞよろしくお願いします。
今日は私からm/fの紹介を簡単にさせて頂きたいと思います。

m/fのステージでは、BEMANIシリーズ、特にギタドラシリーズで爽やかなフュージョンを手がけている古川もとあき氏の楽曲を演奏させて頂きます。

m/fとは音楽記号で「やや強め」というもの。
静かさと激しさがほどよく融合する古川さんの楽曲にちなんでつけました、とか言ったらカッコイイんですが、とどのつまりは motoaki furukawa 、古川さんのイニシャルから来ています。

ここに至るには紆余曲折ありまして。

F)古川さんの()フュージョンを7人で演奏するからFF7にしよう、(F)古川さんは(F)フュージョンを(Factory)作るからスリーエフはどう?、(motoaki)もとあきのアナグラムで(takoimoタコイモができるけど、(mメゾン・ド・フルカワなんか語呂がいいよね、語呂で言うならいっそ横浜・F・モトアキだ!などと、完全にリスペクトが暴走して、いろいろな所から苦情がきそうな候補がばんばん飛び交っていましたが、結局メンバーの中で最も熱心な古川ファンであるギタリスト君がこのm/f(メゾフォルテ)を思いつき、その場は丸く収まりました。

手前味噌ですが、とても古川さんらしい爽やかな名前だと思っています。

yahooで「メゾフォルテ」を検索すると二番目に成人向けSMサイトが出てきますが当バンドとは一切関係ありません


そんなm/fは古川さんに熱い思いを抱く7人が集まり、古川さんご自身のバンド「VOYAGER」で披露されたステージと同じ編成で構成されています。コンポーザーとしての古川さんが好きな方、バンドマンとしての古川さんが好きな方、そしてまだ古川さんをあまり知らない方も、ぜひこの一夜限りのスペシャルバンドを見届けてもらえたらと思います。

ご存知の方も多いとは思いますが、古川もとあき氏といえばKONAMI在籍時は泉陸奥彦氏に次ぐ古参コンポーザー。ということはファンである我々も当然シニアの集まりになるわけですが、だからこそ出せる熟成されたサウンドは、きっと気に入って頂けると思っています。

古川さん独特の、高い空、穏やかな風、どこまでも広がる青い海をイメージさせる楽曲たちは、閉鎖的なライブハウスの中でも色あせる事なく、皆さまの心を凪ぎ、清涼感を残してくれる事でしょう。もちろんその一方で、疾走感のあるあの曲や、かなりの難易度を誇るあの曲もご用意しております。


やる気やや強め、メンバーの濃さやや強め、メンバーの年齢やや高めm/f のステージ、どうぞご期待下さい。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ディスプレイの前から失礼します。
- 2009/02/19(Thu) -
みなさんはじめまして。
『Gram』でギターを担当させていただいております七弦と申します。
今回は前回に引き続き2回目の出演となり、またあのステージに立てることを大変光栄に思い興奮しております。

私の音ゲーとの出会いは後輩から借りた『涙のregret』でした。
当時音ゲーと言うものを知らなかった自分は、切なくもキャッチーなメロディーの後ろで猛烈にスウィープするギターやそのリフにとても感動したのを覚えています。

その後、『Dragon Blade』で初めて中村さんの曲に出会いました。

あの頃から考えて、まさか自分がライブで中村さんのテクニカルなギターを弾くことのなるとは夢にも思っていませんでしたが、今回恥ずかしながら演奏させていただきます。

中村さんの曲はハードロックからブルース、ポップに至る様々な様式に精通しているので、このバンドを通して普段苦手としてるジャンルの曲にチャレンジできたのは自分にとっても非常にプラスになったと思います。

あとライブまで残すところ約3週間となりましたが、『Gram』以外のバンドさんも目が離せない演奏を見せてくれることと思いますのでご期待ください!

私たちも最高の演奏と最高のパフォーマンスが出来るように、ライブまでの残りの時間、精一杯精進したいと思います。

ご来場お待ちしておりま~す♪
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。