スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
更新COMING SOON!
- 2008/03/04(Tue) -
こんばんは。○さきバンドのakiyukiです。
早いもので前回更新から1週間経ってしまいましたね。
Web担当のうもぁーさん曰く明日くらいには企画ページが完成するそうです。
お楽しみに!


さて今回は好評(?)だった「3分蛹クッキング」に続いて
「1分コンチェクッキング」をやってみたいと思います。
だって僕○さきバンドだもの。

1曲通して弾くのはもちろん超絶難易度ですが、曲中2回出てくるキメの
ダダッダッダダッダッダッ ダッ ダッ
の部分だけなら1分でできるので紹介したいと思います。

今回の推奨楽器は鍵盤楽器、できればピアノですね。
ここでは2種類のコードを使います。


まずはC#sus4
いきなりsus4とかいう音楽をやってない人には聴きなれないコードが出てきますが、
要は画像のとおりに押さえてみてください。

concertino1.jpg

全部黒鍵ですね。C#(ド#)はオクターブで弾いてます。


次はC#
よくあるド・ミ・ソのCメジャーコードを全部半音上げたものです。

concertino2.jpg

さっきと比べると一箇所だけ白鍵に変わってます。


あとは、例のリズムに合わせて、
基本C#sus4、最後の2音ダッ ダッ だけC#を弾けば完成!

さぁみなさんご一緒に
ダダッダッダダッダッダッ ダッ ダッ
ボブ先生もびっくりするくらい簡単でしょ?

同じく黒鍵をたくさん使うねこふんじゃったに比べると数倍ナイスな感じです。
PC上でキーボードを鍵盤に見立てて弾けるフリーソフト(TinyPiano、ペンちゃんの不思議なけんばん等)もありますので、興味のある人は検索で探して試してみてください。

※ちなみにこの部分、ギターはずっとC#のパワーコード、ベースはずっとC#のルート弾きなのであまり面白くありません。



さて、ここで全二回(今決めた)のなんちゃってクッキングはおしまいで、みなさんとはお別れです。
僕自身ピアノとかの経験がなく、数年前に音ゲー(蛹のイントロ)からエレキベースをやり始め、
つい最近音楽理論を勉強しだしたようなかけ出し者なので力不足だったとは思いますが、
もしこれをきっかけに楽器に興味が出てきた人が出てくれたら幸いです。

ドラムはゲーム譜、ギターやベースならTAB譜から初めて全然問題ないと思います。
必要と感じるようになるまで音楽理論を覚える必要はありません。
(もちろん知っていたほうが便利ですが、知らなくても僕自身この数年乗り切れました)
要は自分たちの好きな曲を楽しく弾ければいいじゃん! というわけです。
ベースであればこれから始めたい人の相談に乗れますよ。

譜面はギター、ベース用TAB譜なら
Legend of BlueのベーシストのKeith-Kさんのサイト、Tyrannosaurus Project
コード譜ならn-rёvoのキーボーディストのCharlieさんのサイト、ビーマニバンドやろうぜ!
にそれぞれたくさんあるのでお勧めです。


mixiの「音ゲーバンド!」コミュニティで、今回の楽宴祭出演者の多くが参加している
大規模な生演奏のセッション会を定期的にやっていますので、
生演奏に興味がある方はぜひ見学などにいらしてください。
ただし最近は参加人数が増えたため、会場のキャパシティの都合上
見学を含め参加人数制限を行っているので(それでも60人以上の定員がすぐ埋まってしまいます)
あまり気軽には参加できなくなってしまったのが難点ですが…。
特にギター、ベース、キーボードは毎回不足気味なので新規の方大歓迎です!
やる曲によっては金管楽器、ヴァイオリン、フルート、パーカッションなどの人もいるので、
あまりバンドっぽくない楽器の人でも歓迎です。
そういう例としては前回のセッション会でBEYOND THE EARTH(ポップンのコンテンポラリーネイション)が確かコーラス×2、アコギ、エレベ、ドラムセット、シンセ、ショルキー&ジャンベ、オカリナ&タンバリン、ボンゴ、クラベス、鈴、マラカスの12人体制で演奏された覚えがあります。
そんなわけでみなさんの参加をお待ちしています!

ではではまた会う日まで。
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。