スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ロングバージョンは2ステージ分です
- 2010/02/26(Fri) -
スケスケフライヤー
全国一千万人の音ゲーファンの皆さんこんにちは。古川もとあきさんをリスペクトするm/fでキーボード・コーラスを担当するCharlieです。

先日髪を切りました。そろそろ暖かくなってきたし、もうすぐ花粉症の季節なので花粉がつきにくい髪型がいいなあということでかなり短くしちゃいました。まあ切る前から髪は短かったんですけどね。わかりやすく音ゲーにたとえると「I think about you」のロングがショートになったようなもんでしょうか。全然わかりやすくありませんでしたごめんなさい。

というわけで今日はロングとショートのお話です。BEMANIシリーズに収録されている曲は通常2分程度のショートサイズですが、一部の曲は3分を超えるロングバージョンで収録されていますよね。また、ゲームではショートだった曲がアーチストのアルバムやサントラCDでロングバージョンにアレンジされて収録されることもよくあります。

今回のm/fのステージですが、曲数ベースで言うとロング・ショートが大体半々の割合になっています。曲数で半々ということは、演奏時間ベースで言うとロングの割合が多くなるので、普段音ゲーのサントラでショートサイズの曲をよく聞いている方は、もしかしたら個々の曲が長く感じるかもしれません。でも、古川さんの曲はきっとロングでじっくり聴く方が楽しめると思うので、ゆったりした気持ちで聴いていただければうれしいです。

それでは。
スポンサーサイト
この記事のURL | 雑談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Anthem is here.
- 2010/02/22(Mon) -
ブログをご覧の皆様、どうもはじめまして。
「Steinfluß」でヴァイオリンを担当させていただいております、picoと申します。以後お見知りおきを。
我々「Steinfluß」は、IIDXをはじめとする音ゲー界の重鎮、djTAKA氏の楽曲を演奏させていただきます。



・・・と、堅苦しい挨拶(のようなもの)はここらへんにさせていただいて・・・
今日はうちのバンドの紹介やら裏話やらを綴りにきましたw


さて、このバンド、紹介ページを見ていただければ分かると思いますが、編成が
Vo,Violin,E.P.,Key,Key(+DJ)
といったトリッキーな編成になっております。ギターはおろかベースやドラムまで居ません。どういうことでしょうか。
お分かりになる方もいると思います。
そう!打ち込みです。

( ゚д゚ )彡 そう!                    こっち見んな>

まぁ簡単に言えば、よっつ打ち主体のリズムトラックを流しながら我々が演奏するということになります。
バンドと言えるのかどうかという問題は別にして、新感覚の演奏を楽しんでいただけるのではないかと思います!

また曲目は、ハッピーチューンからトランス、クラシックアレンジに至るまで、幅広く、たっぷりと楽しんでいただけるようなセットリストにいたしました。
ギタドラーの方々には申し訳ないんですが、今回はIIDXやpop'nの曲を中心にセレクトさせていただきました。
colors名義もやりたかったんですけどねぇ・・・R#1で高速オルタまみれになったりしたかったですww
ところであれの赤G、赤Oはレベル95くらいあると思いませんか?ぶっちゃけ黄色も80台後半くらいあってm(以下略


こっから裏話。

「Steinfluß」の読み方ですが、「シュタインフルス」と読みます。
最初僕は「ステインフルベータ」と読みました。なんとなくカビが生えそうな雰囲気の名前になってしまい非常に反省しています。
ちなみに「ß」は「ベータ」ではなく、12年前までドイツ語旧正書法で使われていた記号で、現在の正書法では表記が「Steinfluss」となります。って死んだじっちゃんが言ってた。
意味は
stein=石
fluss=川
となります。ね?簡単でしょ?(キリッ

そういえばKeyboard担当のゆうとさんは石川県在住です。これテストに出ます。



あ、あと、ニコニコ動画に楽宴祭参ッ!の宣伝動画として製作したものがありますので、ここに貼り付けておきますね。
この動画で流れている曲は我々が演奏させていただく「Risk Junkメドレー」です!




それでは皆さん、本番では至高のdjTAKAサウンドをお届け(する予定だということに)します!お楽しみに~。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
熱血度は11個星だそうです
- 2010/02/20(Sat) -
益荒男学園軽音楽部、二度目のブログ執筆にございます。
ギター担当:TAK(たく)と申します。

前回はまさかのJKネタによるシメで
ご挨拶とさせて頂きましたが、今回は僭越ながら、
すわひでおさんのリスペクトバンドである
我らが益荒男学園軽音楽部のメンバー紹介を
させて頂こうかと思います。

210…Vocal
ボーカル以外も凄いんですよ。すわひでおさんへの愛(リスペクト)がッ!

マツキ…Guitar
ギタープレイ的にもgood-coolさん的にも、炎のギタリストッ!

TAK…Guitar
はい自分です。声がでかいのを良いことに叫んでたりもします。

おっちゃん…Keyboard
演奏に華をつけてくれる職人ぶりにはホレボレでございます。

はっしー…Bass
ステージ上を所狭しと縦横無尽に動き回るリズム隊の要です。

バター…Drums
鮮やかかつ軽快なスティックワークを誇る我らがバンドリーダーです。


以上、簡単ながらメンバー紹介でした。
こんな感じの熱い熱いメンバーで織り成すライブステージ。
全力を以って唱舞(ショウブ)させて頂きます!乞うご期待!
この記事のURL | バンド紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
DayDream
- 2010/02/16(Tue) -
「くっそーっ!」


今日もMODEL DD2赤ドラムのラストシンバルで落ちる。


「94とか詐欺だ!95はあるだろ!」


捨てゼリフを吐く。敗者の言い訳だ。

いつもそうだ。思い返してみればこの8年間、いつだってDDには苦しめられてきたではないか。

しかし今日もDDは俺たちを惹きつけて離さない・・・悪魔的な魅力。


「リアルで弾いてみたいな・・」


そんなバカな考えがよぎる。

無理だ。

そもそも何拍子だと思っているんだ。俺に理解できるのか?


「・・・ちょっとだけ・・」


気が付くと俺はベースを構えていた。


「・・・!!」

これは・・・

弾けるじゃないか!
問題ない!弾ける!

・・・と思ったその刹那―――――途端に拍子がずれる。


驚愕の真実。


「16分の・・・・・?!・・・・・・17・・・・・・だと・・・?」


圧倒的な絶望・・・・こんなものバンドで合わせても合うわけがない・・・

しかし・・・・しかし・・・・・


次の日、俺は心から信頼できる仲間を呼んだ。

「そえ、はっち、せん、ゆーじ・・・。」


無理かもしれない・・でも・・・

「俺・・・俺・・・・」


「DDがしたいです・・・」


4人は驚いた表情でお互い顔を見合わせたが、しばらくして俺に微笑みかけてこう言った。


「一緒に行こうぜ」


この一言で俺は救われた。
やれる、この仲間となら。


この日から俺たちは前を向いて歩きだした。

そう、この先にとんでもない苦難が待ち受けているなんて、まだこの時は考えられなかったんだ・・・


つづく
(※つづきません)
この記事のURL | ごあいさつ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はじめまして m/f です。
- 2010/02/10(Wed) -
楽宴祭ブログを読んで下さっている皆様、はじめまして。
m/f(メゾフォルテ)でヴォーカルをつとめております、ぽっきぃと申します。どうぞよろしくお願いします。
今日は私からm/fの紹介を簡単にさせて頂きたいと思います。

m/fのステージでは、BEMANIシリーズ、特にギタドラシリーズで爽やかなフュージョンを手がけている古川もとあき氏の楽曲を演奏させて頂きます。

m/fとは音楽記号で「やや強め」というもの。
静かさと激しさがほどよく融合する古川さんの楽曲にちなんでつけました、とか言ったらカッコイイんですが、とどのつまりは motoaki furukawa 、古川さんのイニシャルから来ています。

ここに至るには紆余曲折ありまして。

F)古川さんの()フュージョンを7人で演奏するからFF7にしよう、(F)古川さんは(F)フュージョンを(Factory)作るからスリーエフはどう?、(motoaki)もとあきのアナグラムで(takoimoタコイモができるけど、(mメゾン・ド・フルカワなんか語呂がいいよね、語呂で言うならいっそ横浜・F・モトアキだ!などと、完全にリスペクトが暴走して、いろいろな所から苦情がきそうな候補がばんばん飛び交っていましたが、結局メンバーの中で最も熱心な古川ファンであるギタリスト君がこのm/f(メゾフォルテ)を思いつき、その場は丸く収まりました。

手前味噌ですが、とても古川さんらしい爽やかな名前だと思っています。

yahooで「メゾフォルテ」を検索すると二番目に成人向けSMサイトが出てきますが当バンドとは一切関係ありません


そんなm/fは古川さんに熱い思いを抱く7人が集まり、古川さんご自身のバンド「VOYAGER」で披露されたステージと同じ編成で構成されています。コンポーザーとしての古川さんが好きな方、バンドマンとしての古川さんが好きな方、そしてまだ古川さんをあまり知らない方も、ぜひこの一夜限りのスペシャルバンドを見届けてもらえたらと思います。

ご存知の方も多いとは思いますが、古川もとあき氏といえばKONAMI在籍時は泉陸奥彦氏に次ぐ古参コンポーザー。ということはファンである我々も当然シニアの集まりになるわけですが、だからこそ出せる熟成されたサウンドは、きっと気に入って頂けると思っています。

古川さん独特の、高い空、穏やかな風、どこまでも広がる青い海をイメージさせる楽曲たちは、閉鎖的なライブハウスの中でも色あせる事なく、皆さまの心を凪ぎ、清涼感を残してくれる事でしょう。もちろんその一方で、疾走感のあるあの曲や、かなりの難易度を誇るあの曲もご用意しております。


やる気やや強め、メンバーの濃さやや強め、メンバーの年齢やや高めm/f のステージ、どうぞご期待下さい。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おはこんばんちわー!!!
- 2010/02/05(Fri) -
どうもー!益荒男学園軽音楽部のバターと申します!
初めての方は、以後お見知りおきを!


学宴祭参ッ!ついに動き出しました。
一夜限りのプレミアムなバンドを集めた一夜限りのステージ!
つまり見逃しちゃうと二度とお目にかかれないっていうことですよ、奥さん!ってことですね。
そんなメンバーに自分を選んでもらったことをとても光栄に思います!
今日もプレミアムモルツがウマい。


まぁ、そんな感じで。
今日はいち早く抜け駆けして我がすわひでおリスペクトバンド「益荒男学園軽音楽部」の紹介をしちゃいます!
光の速さで一足お先!

「学宴祭」と言えば・・・
第一回のLegend of Blue(佐々木博文コピーバンド)
第二回のOpen Finger Groove(Jimmy Weckl)
なんかに代表される「え、そんな曲ホントに生で演奏しちゃうん・・・!?」っていう部分がすごいイベントだと思います。
他にもあさき、Kozo Nakamuraのコピーもありました。
事実、自分もそういったものを楽しみに観客として足を運んだものです。

しかし、この益荒男学園軽音楽部にそういうものは 一 切 な い ッ !!!
・・・いや、別に胸張って言えることじゃないくらいわかってますって・・・
でも、すわひでおさんといえばSA-DA-ME、H@ppy Choiceに代表される痛快なロック!
good-cool氏とのユニット「School」での学園ネタ楽曲の数々!だと思うのです。
だから、難しいこと考えずに拳突き上げて騒げ!楽しめ!ってーのがこのバンドの全てなのです!
学生さんにもマジオススメ。女子高生とか来てくれたら嬉しいなぁ

・・・とにかく!
名実ともに学宴祭の名にふさわしいバンドなんじゃないかなー。と自負しております。
すごいロックしますよ!乞うご期待!
この記事のURL | イベント情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あなたの好きなDDシリーズは?アンケート実施中
- 2010/02/03(Wed) -
こんにちは、主催のろぉかです。

今回は泉陸奥彦さんのリスペクトバンドがあるということで、告知サイトで、「DAY DREAMシリーズについてのアンケート」という企画を実施中です。
DAY DREAMシリーズといえば、初代DAY DREAMからもう8作も出ているボス曲ですね。
サイトを見てくださってるみなさんにどのシリーズが人気なのか…。これは非常に興味深いです!
まだまだ投票受付中ですので、ぜひぜひご投票お願いします!

あなたの好きなDDシリーズは?

この記事のURL | イベント情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。