スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
楽宴祭参ッ!!!終了しました
- 2010/03/28(Sun) -
こんばんわ、主催のろぉかです。

楽宴祭参ッ!!!無事に終了しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
見に来てくれたお客様が、みんな笑顔で帰って行かれたのを見て、感無量でございます。

今回はSteinfulssの編成やメドレー、DD'sのDDシリーズ全制覇など、特に見どころの多い回だったのではないかなと思います。
もちろん、益荒男高校軽音楽部のアツいステージや、m/fのテクニカルなステージも忘れちゃいけませんよ!
他のライブではやってのけないことに挑戦してみる!今後もそんなライブができたらいいなーと思っています。

ご来場いただいたお客様、見に行けなかったけど密かに応援してたぜ!な皆様、出演者および関係者の皆様、本当にありがとうございました!

なお、アンケートを実施中です。
皆様の熱さめやらぬアツい想いを教えていただけると、出演者一同小躍りしてしまいますので、ぜひご協力ください。
次回のライブへの原動力ともなりますゆえ、よろしくおねがいいたします
スポンサーサイト
この記事のURL | イベント情報 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
いよいよ本番です!
- 2010/03/27(Sat) -
こんばんわ、主催のろぉかです。

いよいよ楽宴祭参ッ!!!当日となりました。
今日は見に来てくれるお客さん、出演者、みんなが楽しめるお祭りになるといいなと思っています。
自分も一観客として今日という日をものすごく楽しみにしていたので、本当にうれしいです!
みんなで一緒に盛り上がりましょう!

さて、当日ということで、場所や時間、出演者情報等がわからない!当日だからPC用サイトが見られない!という方のために、ブログに情報を載せておきますね。
よかったら参考にしてください。
では、本日四ツ谷でみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
◆楽宴祭 参ッ!!!
 http://gakuensai3.otoge-band.com/
◆日時 2010年3月27日(土) 17:30開場 18:00開宴
◆料金 ワンドリンク込 ¥2.000-
◆場所 四谷OUTBREAK!(http://www.hor-outbreak.com/)
  
 行きかた。
 ① JR中央線四ツ谷駅「四谷口」を出ます。
 ② つきあたりのタクシー乗り場を左にかわします。
 ③ 正面の横断歩道をわたり、まっすぐ歩きます。
 ④ 吉野家やプロミスを横目にまっすぐ歩きます。
 ⑤ 少し不安になってきた頃にオリジン弁当が見えます。
 ⑥ オリジン弁当の2軒隣、地下が会場です!


◆出演バンド

 ♪益荒男学園軽音楽部 / respect for すわひでお(18:00~18:35予定)
 210(Vo)、マツキ&TAK(Gt)、おっちゃん(Key)、はっしー(Ba)、バター(Dr)

 ♪m/f / respect for 古川もとあき(18:50~19:30予定)
 Lan.(Gt)、なおぷ(Sax)、Charlie&Seiji(Key)、JAG(Ba)、フカホリ(Dr)、ぽっきぃ(Vo)

 ♪Steinfluss / respect for dj TAKA(19:45~20:25予定)
 ぴこ(Violin)、古&ゆうと(Key)、うもさん(Synth&DJ)、芽美(Guest Vo)

 ♪DD's / respect for 泉陸奥彦(20:40~21:20予定)
 そえ&はっち(Gt)、TAKA(Ba)、せん(Dr)、ゆーじ(Key)

 ♪転換中DJ
 総一郎
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
この記事のURL | イベント情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オリジナルカクテル
- 2010/03/20(Sat) -
こんばんわ、主催のろぉかです。

楽宴祭参ッ!!!では、各バンドから、このコンポーザーさんといえばこの曲!という思い入れのある楽曲を教えてもらい、その楽曲をイメージしたオリジナルカクテルを出しちゃいます!

■益荒男高校軽音部イメージカクテル「H@ppy Choice」
H@ppy Choice
ピーチツリー+ソーダ+グレナデンシロップの組み合わせになります。

感想:うまい!

■m/fイメージカクテル「FEEL THE EARTH」
FEEL THE EARTH
ジン+オレンジ+ジンジャーエール

感想:うまい!

■Steinfluβイメージカクテル「Frozen Ray」
Frozen Ray
BOLS+グレープフルーツ+トニックウォーター

感想:うまい!

■DD'sイメージカクテル「Midnight Sun」

・・・は、当日のお楽しみに!

3種そろい踏みで、色も鮮やかな信号色です。
そろい踏み

なんの役にも立たない感想ではアレなので、もう少し詳しく書きますと、
・H@ppy Choice → 甘い
・FEEL THE EARTH → 強い
・Frozen Ray → さわやか

な、感じでした。

ごちそうさまでした。
ごちそうさまでした
この記事のURL | イベント情報 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グッバイ、シャロン
- 2010/03/17(Wed) -
こんにちは。djTAKAバンド「Steinfluß」のKey担当、古と申します。
早いものでライブも来週の土曜日にまで迫りました!恐ろしい!
本当に早くてこっちがびっくりしました。あとXGに色々びっくりしました。


さて、過去の音ゲーライブから見てもかなり異色なこのバンド。
それ故に新たな試みとしての楽しさと同時に様々な問題もありました。

まずお察しの通り、このバンドは通常ならば生演奏が難しい打ち込み系の楽曲を多く演奏します。
当然の如くキーボードを弾いていると手の形が何か大変な事になったり、HUMAN SEQUENCERにでもならないと
物理的に弾く事が難しいフレーズもちょくちょく出てきます。ちょくちょくというかいっぱいです。
そんな難題もKey3人という事を活かして壮絶なパートの押し付け合いをして振り分けたりしました。

あと何が大変だったかと言いますと氏の作った曲がとにかく多過ぎるという点です。
「Mr.IIDX」と呼ばれながらもポップン、ギタドラ、DDR、5鍵にキーマニと数々の記念碑的な名曲を
多く残しているdjTAKA氏。演奏する曲を絞る時点であーでもないこーでもないと話し合いが続きました。
候補に挙がっては消えていった曲は数知れず…。そんな中で絞りに絞ったセットリストとなりました。
メドレー形式ながら全バンド最多の演奏曲数です。全部分かった人は凄い。お楽しみに!



そしてブログを読んでみると順番的にこれはメンバー紹介をするべき流れなのでしたいと思います。
何故か私は音ゲーライブのブログでメンバー紹介の記事を書く事が非常に多いなぁと思いました。
ぼくにはとてもできない。


 ■芽美 (Vocal)
  音ゲーバンド界が誇る至高のDIVA、芽美さん。おちゃめさんです。
  演奏予定曲にもある「Foundation of our love」をスタジオに入って
  練習していた時は演奏しつつもその歌声に鳥肌が立ちました。
  人の声が持つ力は凄いと改めて実感しました。トランス系をはじめ、
  可愛らしいあの曲、切ないあの曲まで!お聴き逃しなく…。

 ■ぴこ (Violin)
  普段は「ALЁT」という音ゲーバンドでドラムを叩いてる彼ですが、
  このライブでは楽器をヴァイオリンに持ち替えてステージに立ちます。
  演奏予定曲の「V」はまさに彼の見せ場です。お楽しみに。
  ちなみに彼は音ゲーの方も他の追随を許さない凄まじい腕前の持ち主です。
  あと「じゃがりこ」が大好きって書いてありました。

 ■うもさん (Key.1&DJ)
  このバンドの仕掛け人です。ショルキーを抱えて颯爽と登場。
  また、流れるバックトラックも全て彼が制作したものです。
  生演奏が難しい打ち込み系の曲を演奏するこのバンド。
  多くの人にこうした曲の良さもライブを通して伝えたいという
  彼の熱のこもった演奏にご期待下さい。

 ■ゆうと (Key.2)
  dj TAKAこと、石川貴之バンドにふさわしいガチで石川県在住の彼です。
  mixiセッション会などの関東でのイベントにも愛車を走らせ遠征する強者。
  エレクトーンを思わせる二段式のキーボードで多彩な音を紡ぎ出します。
  人間が弾くにはちょっと物理的に難しいあの曲のなんか凄い部分とかも
  二段式の利点をフルに活かして弾いています。あとシシワカが大好きです。

 ■古 (Key.3)
  チーバくんがそれとなく好きな僕です。
  主にピアノっぽい事をしていますがそうじゃない時もあります。


大体こんな感じの人達でお届け致します。
それでは!
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
めっぞ☆ふぉるてです
- 2010/03/14(Sun) -
どうもこんにちは。m/fでサックス担当しておりますなおぷです。
我々m/fですが、本日とうとう最終練習を終えました!
あとは運を天に任s…じゃなくて、当日に全力を出し切るだけとなりました。

さて、本番まであと2週間を切ったところでございますが
そもそもm/fの面々はどんなやつらなのかといったことをまだ書いていなかったので
今回はバンドメンバーを紹介させて頂きます。


■ぽっきぃ…Vocal
影の洗練融合番長(スケバン)です。歌声と喋りのギャップに定評があります。
2/10の記事の拍手数が示す通り稀代の文才の持ち主でございます。

■Lan.…Guitar
古川もとあき氏へのリスペクトがとどまる所を知らない我らm/fのバンドリーダー。
彼のギタープレーを追い求めるあまりストラップまでお揃いらしいです。

■Charlie…Keyboard
ピコピコキラキラニョワーンとした音を弾いてくれています。よくわかりませんね。
実は今回担当するのはキーボードだけじゃあないそうな…。

■Seiji…Keyboard
主にピアノでのバッキング担当。
キーボードの二人、正直二人でも足りないくらいの楽曲中の様々な音を弾き分けてくれていますが
彼らがいてくれるからこそ音の厚みが出てくるなぁとつくづく感じます。

■JAG…Bass
佇まいにとても風格のあるバンドの屋台骨です。
凄く…重そうなアンプをいつも持参しているほど、音へのこだわりアリです。

■フカホリ…Drums
以前「矩形波倶楽部」のコピーバンドをやっていた事もあるFUSIONIST。
YOU CAN'T DO ITをYOU CAN DO ITしたいと提案した張本人です。超絶技巧です。

■なおぷ…Sax
自分です。こんな豪華なメンバーの中に何故自分が混ざっているのか正直今でもよくわかりません。
そもそも原曲にサックス入ってないんじゃ…と思われる方のために言っておきますと
本来ツインギターでやるハモリのパートをサックスでやっちゃいます。


そんな7人のステージにどうぞご期待下さい。

最終練習時のリーダーの生写真にておしまいとさせて頂きます。
テッテテレレしすぎてほぼイキかけている模様です。

ほぼイキかけました
この記事のURL | バンド紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
学園生活!!
- 2010/03/08(Mon) -
おはこんばんにちは!!
皆さんお元気ですか~!!
ノリモリ(ノリノリモリモリの略)ですか~!!
健康一番!!元気があればなんだって出来る!!
益荒男学園軽音楽部ヴォーカル担当の210と申します!!
普段こんなテンションでブログは書かないんですが、愛すべきすわひでおさんのことを書くとなっちゃあ黙っていられない!!
全力疾走、全力投球で書かせてもらいます!!

今回の楽宴祭参ッ!!音ゲーのコンポーザーリスペクトのお祭りということで、わたくし非常に楽しみにしております!!

前回までに我がバンドのバンマス&ドラムス・バターよりバンドのコンセプト紹介、コーラス&サイドギター・TAKよりメンバー紹介をさせていただきましたので、今回はすわひでおさんへの愛を語らせていただきます!!

わたくしがすわひでおさんと出会ったのはやはり音ゲー、つまりポップンでした。
2001年当時、当時ゲーセン通いが趣味のDK(男子高校生)であったわたくしはポップンミュージック6がリリースされた直後に勿論プレイしに行きました。
そこで出会った新曲!!メロコア!!もうこれは間違いなく「H@ppy Choice」になる「SA-DA-ME」だったのですわ!!
当時のわたくしはいわゆる「他人が好きにならなそうなイロモノ」を好む傾向にありまして、正直言ってこの時もそんな風に感じていたのです。

そんなわたくしの心変わりがあったのはシングル「僕は崖っぷち」との出会いでした。
この曲は音ゲータイアップではなく、当時放送されていたアニメ「ボンバーマンジェッターズ」の前期オープニングテーマとして発売されました。
(ちなみにカップリングにはあの「ステテコ捨てて行こう」も収録されています!!)
この曲の持つメッセージ性、アニメとのリンクにわたくしの心は完全に撃ち抜かれました!!
また、後期オープニングテーマの「ホップ!スキップ!ジャンプ!」は今でも涙が溢れ返りそうになるのです!!

それからというもの、CDは当然ながら全部買っていますし、ライブにも足しげく通っております!!


その後、2005年8月に初めて「音ゲーリアルセッション from mixi」に参加した際、そこで我がバンドのスーパーギタリスト・マツキと「SA-DA-ME」で共演したのが全ての始まりでした。
その場には同じく我がバンドのコーラス&サイドギター・TAKもおりました。
先日、その会場であるスタジオノア初台店Cstにおいて、このライブの全体リハーサルもやりましたし、これはもうこうなるというSA-DA-MEだったのだと勝手に思っております!!

わたくしはすわひでおさんに出会えて本当に嬉しく思います。
でなければ今こうしてこんな素敵な人たちにも、こんな素敵なライブに相見えることもなかったのですから!!

我がバンドは最初から最後まで徹底的にクライマックスですよ~!!
トップバッターの役目、見事に果たしてみせましょう!!


他のバンドさんも精鋭揃いです!!
m/fさんは強力な布陣での聴かせバンド。
Steinflussさんは超絶メドレーラッシュ!!
DD'sさんは圧倒的な白昼夢の嵐!!
これが盛り上がらずしてどうなるというのだ~!!


楽宴祭参ッ!!よろしくお願いします!!


では最後に…





行ってきま~~~~~す!!
この記事のURL | バンド紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
怒れる獅子は何度でも蘇る
- 2010/03/05(Fri) -
遺影ー!ワッツアップオール。全国60億のdjTAKAファンの皆様お待たせしました。
死んだじっちゃんです、はいこんばんは。
死んでるので特に言える事はないのですがつまりDJなんですよ。
デスコではなくライヴハウスでのライヴになりますが、
よっつ打ち命の方にも充分楽しんで頂けると思ってます。
なんてったってヴァイオリン付きですのでね。
IIDX公式主催のライヴは過去に何度かありましたが、生のヴァイオリンによる「V」はありませんでした。
この最高にレアなステージ、djTAKAファンなら見逃す手はないというものですね。
また、鍵盤・ヴォーカルも音ゲーバンド界きっての優秀なプレイヤーが揃いまして、
難曲ばかりなのですがなんとか形になりました。自信を持ってオススメいたします。
早いもので開催まであと3週間。楽しみですね。四谷でお待ちしております。
もうちょっと面白い事書くべきでしたか。
そういえばこないだアバター観てきたんですよアバター。
すっごい3Dでした。すごかったです。我々のステージもデジタル具合がだいたいあんな感じです。
それでは!

──────.59から、死んだじっちゃんより
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。